【台湾 26日】 ヤフー台湾が、アップルウォッチ用アプリを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

アップルウォッチの売り上げが世界第7位と好調な台湾では、26日、ヤフー株式会社の台湾チームにより、ニュースとスーパーモールのアプリが発表された。この新しい二つのアプリは、アップルウォッチの着用者の最寄りの小売店などのセール情報などが逐一分かるというもので、地域密着したアプリがさらに進化したといえる。表示されるデザインも一新したという。世界第7位とは、インド、中国、香港、タイ、フィリピン、ベトナムに次ぐもので、さらなるランクアップのためにも、ヤフー台湾は、意欲をみせている。アップルウォッチは、現在台湾にてスチールケース製が17900台湾ドル(約540米ドル)、プラスティック製が11500台湾ドル(約340米ドル)で販売されているが、18金で装飾されたプレミアムモデルは基本価格が34万台湾ドル(約10200米ドル)だが、すでに57万台湾ドル(約17100米ドル)の高値で取引されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存