【台湾 4日】 高雄に来年新しい動物保護施設完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

放棄された身寄りのない動物のための新しい殺傷のない動物シェルターの構築は、市内の動物保護局によると、台湾南部の高雄のヤンチャオ地区に来年早々に完成する予定だという。台北市動物保護局の徐榮彬局長は、この避難所は500匹の保護動物を収容する容量を持ち、敷地面積が1ヘクタールになると発表した。また建設費は約1億台湾ドル(約US320万ドル)と見積もられている。高雄では毎年のように5,000匹からなる放棄動物に対処する必要があり、既存施設では需要を満たすことができなかったが、新たな避難所を建設することが決定し、この問題もかなり緩和されることが期待される。新しい避難所では、保護された動物の約半分以上が新しい里親に引き取られて行くことを目的とし、高雄市が捨てられた動物に優しい都市として知られるようになることを目指しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存