【台湾 4日】 働く父親の9割が重度のストレスを抱えている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台湾の父の日が近づいているが、この日ふだん大きなストレスを抱えて働いている父親をリラックスさせるべき日であることが期待される。台湾の大手人材派遣機関1111ジョブ銀行による最近の調査によれば、働く父親の最大88%が仕事上における非常に重い悩みによってストレスを抱えているという。特にこれは1990年代に生まれた若い父親に顕著に現れており、一般の平均給与を下回る新しい父親は、財政的な圧力にかなりの我慢をしており、それがストレスとなっているらしい。また、この調査によると、ストレスの最も一般的な発生源は、主に「家庭で経済的負担」(76.3%)、「子育ての問題」(39.8%)と「十分な昇給の不足」(38.3%)となっている。職業の種類は、他よりも多くのストレスを誘発するいくつかの分野で特に見られ、サービス業、特にデパート、医療サービスや農業サービスの労働者が多いという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存