【台湾 31日】 ネットファッション小売業者ザロラ、台湾に新風を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

アジアのオンラインファッション小売業者ザロラの幹部は、彼らが台湾において十億米ドルの電子商取引を達成する用意があるとし、30日に台湾での復帰を発表した。記者会見にてザロラグループのマネージングディレクターであるミケーレ・フェラリロ氏とジュリオ・キシロヤンニ氏は、消費者が製品の特定の種類のために不便性を抱いたまま、台湾のネット販売市場が高度に発達している現在、多くのファッションブランドがオンラインで十分に活用できないままであることを指摘し、ザロラがこれを払拭して、ネット販売市場を格段に発達させるのだという。Eコマース会社グローバルファッショングループであるザロラには部門として、すでにシンガポール、香港、マレーシア、ブルネイ、インドネシア、ベトナム、タイ、フィリピンが存在しており、台湾は30日をもって、その第九番目のマーケットとなったという。同社はまた、今後オーストラリアとニュージーランドも開拓していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存