【フィリピン 17日】 映画館天井落下事故を受けて対策案の提出が求められる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

セブ市の映画館管理会社は、15日に発生したアヤラセンターセブのシネマ5映画館天井落下事故により、市庁舎のビル点検部門による事故発生の原因究明のための点検を受け、一週間以内にその結果を言い渡されることになる。マイケル・ラマ市長は、17日朝、劇場のマネージャと共に非公開の会議でこれらについて語ったという。また、同市長は、今後同様な事故が再発しないための対策案を映画館管理会社に提出するよう指示した。対策案には、今回のような水害だけでなく、火災や地震などあらゆる災害を想定したものが求められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存