【台湾 16日】 ベンガルトラが逃走するが無事捕獲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

16日の朝、台北動物園でベンガル虎が檻から抜け出し逃走。しかし、人通りの多い繁華街に達する前に動物園関係者によって捕獲された。脱走したベンガル虎は、約45分間逃走したが、獣医による麻酔銃によって眠らされ、動物園に連れ戻された。逃げた原因は、檻の清掃をしていた担当者が虎が逃げたことに気付かず、周辺にいた動物園職員が虎を園内を徘徊している虎を発見し、警察に通報。直ちに虎が徘徊できるエリアを制限して追い込み、捕獲することが出来た。この事件による負傷者等はなかったが、動物園は今後さらに安全対策を心がけ、こうした事態が再び起きないよう対策を練るとし、この日午後早速対策反省会を開いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存