【台湾 30日】 台湾、災害対応に関する協定を日本と結ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

30日、台湾医師会は台北にて日本側代表者と会談し、医療関係者が関与している国の監督の下で、日台両国の医療の向上を期待して、災害時の緊急時相互支援に関する協定を締結した。蘇清泉台湾医師会会長は、外務省の本部での式典で、横倉吉武日本医師会会長と契約を締結したという。両国の医療関係者は、緊急時における相互支援を末永く行っていくことを望み、蘇会長は交渉の後、彼らは今後支援を交わしていく中での新たなアイデアも展開したという。この契約に基づき、今後両国協会から送られてきた医療チームは、被災地における地域での医療関連の活動が出来るように許可されることになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存