【フィリピン 10日】 フィリピンと日本が新たな海上軍事演習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

9日、フィリピン軍によると、日本の海上自衛隊との海上合同演習を今月22日から26日に渡って実施する。両国による合同演習は、第二次世界大戦以来となる。西フィリピン海(南シナ海)では、現在中国による岩礁埋め立ての人工島建設が強行的に進められており、この演習はそういった係争問題での防衛対策としても活かされると思われる。これは、フィリピン海軍の報道官、エドガーアレヴァロ大佐が発表したものだが、まだ演習が行われる詳しい海域等は発表されていない。しかし、すでに5月12日から、2隻の日本の駆逐艦とフィリピンの軍艦一隻が、フィリピンの領海内で共同作業を行っており、準備は進んでいる。この合同演習では、新しい戦術、テクニック、および手順を共有し、また海上での災害時の捜索、救援活動も行われると思われる。アキノ大統領と安倍首相は先週、東京で会談し、両国が防衛技術や設備、資材等の協力をはかるということで合意している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存