【フィリピン 28日】 上院がセブ7区の創設を承認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

28日、上院は既存の15町2区を分割し、セブ州に第7区を作成する法案を承認した。第7立法地区はデュマンジュ、ロンダ、アルカンタラ、モアルボアル、バディアン、アレグリア、オスロブ、およびギナティランやセブ島の西部臨海に対向する領域内の町の自治体で構成されている。上院の官報は、セブ市のための追加の立法地区を作成しようとする法案が承認されたことを発表。これらの自治体は、フィリピン統計局の2010年の国勢調査によると、223360人の人口があるとされ、国内で5番目の大きさる州としてランクされてセブは、すでに6立法地区があり、15市町村で構成された本立法地区は、県の44市町村の3分の1以上をカバーする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存