【台湾 8日】 MERS感染の危機を回避

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

韓国でのMERS(中東呼吸器症候群)コロナウイルスの感染者は、8日、さらに23人増えて死者は6人となり、感染者は87人となった。台湾国内でも感染が心配される中、台湾東部の花蓮県で7日夜、韓国方面からの観光客に接触したらしき23歳の女性が発熱して、花蓮市内の病院で診察を受けた。同院は当初MERSコロナウイルス感染の可能性があるとしたが、検査結果が出され、A型インフルエンザと判明した。3日間に渡って原因不明の高熱であった女性は診察を受けたが、心配された感染は回避された。これまで台湾では今年28人の感染を疑われる患者が出たが、ひとりを除き陰性と診断され、残るひとりも間もなく判明するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存