【台湾 27日】 台湾プラスチックは、調達検査をさらに早める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台湾の大手石油化学コングロマリットである台湾プラスチックグループは、従業員数十人を含む贈収賄事件に対応して、その調達プロセスの検証を早急に進めると発表した。声明で台湾プラスチックは、従業員の25人の容疑者は、もっぱら台湾プラスチックにPVC袋を供給する会社から賄賂を取っていたことを確認した。バッグサプライヤーが台湾プラスチックからの注文を取得するために従業員を買収したと、調査委員会は述べている。台湾プラスチック社のゼネラルマネージャー林振榮は、今回の贈収賄事件に関与していると言われ、7月24日に役職を辞任している。台湾プラスチックは、関係法令によると、適切に問題を処理すると発表したが、それは従業員のいずれかの告発をすべて認めるかどうかまでは明らかにされていない。台北地検は、法律違反の可能性のために27日から調査を開始した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存