【フィリピン 2日】 アキノ大統領が東京訪問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2日、アキノ大統領は、西フィリピン海(南シナ海)で中国が主張する領海での人工島建設開発に投資を求めていることに対し、それに反対するために同意を求めるため日本を訪問。4日間滞在することになる。2日午前10時に、アキノ国際空港第3ターミナルからフィリピン航空001便に搭乗して、午後3時30分(マニラ午後2時30分)に東京の羽田空港に到着したアキノ大統領は、4日間の訪日の中で、国会での演説も行う予定で、緊張を高めている中国の姿勢に対し、制止するよう、日本にも同調を求めるもの。またアキノ大統領は、天皇皇后両陛下とも面会が予定されていて、安倍首相とも会談が組まれている。出発を前に大統領は「これまで他国との関係において親切に行うものといった姿勢であったが、相手がそれを破り、我々の領海を侵犯するのであれば、その限りではなく、我々はこの難局を解決するための準備をするものである」と述べ、今回の日本訪問を機に、弱腰ではいかない姿勢を示した。また、フィリピンと日本の友好をさらに深いものにしたいとも語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存