【台湾 31日】 台湾株式市場の値幅制限を拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

1日より台湾証券取引所は、台湾株式市場の値幅制限を現行の7%から10%に拡大するという。これによって株価の変動が大きくなり投資家のリスクも高まるが、ストップ高とストップ安の回数が減り、投資家の取引機会が拡大すると見込まれ、市場の効率化が図られると思われる。アジアの株式市場では、香港などで値幅制限そのものがないほか、中国大陸は10%。韓国では来月15日に現行の15%から30%に緩和される予定で、台湾が取り残された形となっていたため、制限緩和は台湾の投資家が待ち望んでいたことであり、台湾市場の開放に、関係者からは期待の声が上がっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存