【台湾 24日】 通り魔は全員オタクだと市長が発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

21日に、柯文哲台北市長が、最近台湾で相次いで発生している無差別殺傷事件の犯人は「全員孤独なオタクだ」と発言し、問題となっている。市長は、この発言の中で、私のいう「オタク」とは、人と関わらず家族や友人とも一切会話もしない淋しい人物だと補足したが。ネット上では、これは明らかにオタクに対する差別であり、市長を辞めさせたほうがいいなどという書き込みで溢れた。市長は翌22日になってから、オタク発言について訂正し、「社会で孤立し、疎外された人々」としたが、騒ぎは収まっていない。台北市では昨年5月に地下鉄車内で無差別殺傷事件が起き、26人が死傷し、今年5月には市内の小学校に侵入した男が女児を殺害。今月20日にはまた地下鉄の駅構内で無差別殺傷事件が発生するなど、この手の犯行が続いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存