【台湾 29日】 蔡民進党主席が訪米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

29日から12日間に渡って、台湾の野党である民進党の蔡英文主席が米国を訪問する。蔡氏は来年1月の総統選挙の同党公認候補に決まっており、今年4月に両岸(台湾と中国大陸)関係の基本姿勢として現状維持の立場を取っており、与党からは具体的な内容が不透明だとの批判を浴びているが、この問題に絡んだ会談も行なわれると見られており注目されている。アメリカでは、ロサンゼルス、シカゴ、ワシントン、ニューヨーク、ヒューストン、サンフランシスコをつぎつぎと蔡氏は歴訪する予定であり、台湾関連の地元政治家や有力者との講演やフォーラムに参加するほか、米下院外交委員や元国務副長官のアーミテージ氏らとも会談する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存