【フィリピン 23日】 フィリピン人海外労働者のHIV感染者が増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フィリピン保健省の発表によると、フィリピン国内では、1日に16人のHIV感染患者が発生しているとされ、2014年末の段階で3万人以上の患者が存在するという。フィリピン労働組合会議では、改めて海外出稼ぎ労働者のHIV感染者を調査したところ、今年初めて5,000人を超える可能性があると判明し、早急な対応が必要であると報告している。2015年1月~4月には新たに221件が報告され、4月の時点で合計3,509件のHIV患者が判明しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存