【フィリピン 23日】 グインゴナ上院議員による遅延訴訟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

テオフィスト・グインゴナ上院議員は、機関や医師の違反に関する訴訟のあまりにも遅い進展の処理を訴え、フィリピン健康保険公社委員会を告発した。上院ブルーリボン委員会委員長が、23日の公聴会後に発表されたもので、この訴えは、いくつかの眼科診療所によって行われた疑わしい特許請求に対する訴訟が異常に遅いというもの。これらの診療所では、患者は、インフォームドコンセントなしに白内障手術を実施。さらにより驚くべき医者はフィリピン健康保険公社からより多くの補助金を主張することができるので、一部の患者は、必要のないレーザー手続きを行ったという。フィリピン健康保険公社委員会は現在、かつてのアクヤバン担当リーサ・ロンガ氏を委員長として行政ケースを訴えたとしているが、2015年7月15日の時点で、機関や医師に対する82例はまだ保留されたまま、進展していない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存