【フィリピン 28日】 ビネイ氏、アキノ氏、人気の明暗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2016年5月に行われる正副大統領選や上下院議員、地方自治体首長、自治体議員などを決める統一選挙が注目されているが、3月に実施された民間調査機関による次期大統領選の予想立候補者の支持率調査によると、現在副大統領のビネイ氏がリードしている。ビネイ氏には毎日のように報道されている汚職事件に絡む疑惑があり、マカティ市の市長職を譲った息子にも汚職によって裁判所から職務停止命令が出されるなど、周辺に怪しい空気が充満しているが、それでも人気はあり、他の予想候補者と大きな差をつけている。フィリピンでは、統一選挙など大きな選挙があると、その裏で大きな金が動き、そして景気も上昇するという傾向がある。
一方、任期もあと1年となったアキノ大統領は、就任当時には大きな期待が寄せられたが、現在の支持率は4割を下回る。これには今年1月に起きたミンダナオ島での警察特殊部隊隊員とモロ・イスラム解放戦線との交戦で、44人もの隊員が戦死という結果が出てしまったことが大きいと思われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存