【台湾 26日】 台北市、ドームサイトの工事承認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台北市はドーム建設工事現場の進行状況を市議会に承認させ、台北市長が問題となっていた工事業者との契約問題で、Farglory Group(遠雄集団)と契約したと発表した。これは、遠雄集団が隣接しているソンシャンタバコ工場の史跡と台北MRT鉄道の板南線への損害を改善するために案を出していなかったため、台北市が先週工事を差し止めたもの。今回の決定で、遠雄集団は工事現場の南側の基礎で安全上の理由で「あらかじめ承認された工事」を再開できることとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存