【フィリピン 22日】 APEC代表団、ボラケイでダンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

白い砂浜で世界的に有名なリゾート島ボラケイでは、21日の夜、APEC(アジア太平洋経済協力会議)に参加する関係職員や代表が、高級事務次官レベル協議初日のあと、1980年代のディスコミュージックのビートに乗ってダンスを楽しんだ。高級事務次官会合の議長であるローラデル・ロサリオは、開催の挨拶で、400人以上の代表者が80年代ディスコがテーマとして流れるミュージックで楽しむ中、「FuntaSea!(ファンタジーを捩って)」と宣言した。APEC2015の実行委員会は、ボラケイリゾートアイランドの浜辺で、事務次官会合代表者のためにこの歓迎夕食会を催し、ステージにはフィリピンの著名タレントや歌手、島のファイヤーダンスグループも登場して、参加者を喜ばせた。ディスコ音楽が流れ出すと、初めはためらっていた代表者たちも、次第にダンスに参加し、アキノ政権の閣僚までもが加わって会場は盛り上がった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存