【台湾 20日】 台湾鉄路と西武鉄道が姉妹鉄道協定を結ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台湾の交通部台湾鉄路管理局(台湾鉄路)と日本の西武鉄道株式会社(西武鉄道)は、姉妹鉄道協定を結び、共同で「台湾鉄路•西武鉄道姉妹鉄道協定締結記念乗車券」を今年6月に両国で数量限定にて同時発売することとなった。記念乗車券は両鉄道会社は今年3月14日に姉妹鉄道協定を締結し、両国の地域社会の発展、台湾鉄路と西武鉄道の事業の発展を目的としていて、この乗車券はそれを記念するもの。記念乗車券には、西武鉄道および台湾鉄路がそれぞれ発行する乗車券が3枚ずつ入っている。この乗車券には双方の代表的な車両の図案が印刷され、珍しい日付刻印機で台湾と日本のそれぞれの元号の日付が印字される。台日共同で記念切符が発行されるのはこれが初めてとなる。記念乗車券の発売は、西武鉄道が6月7日(日)に2000セット限定で、台湾鉄路は6月9日(火)の鉄道記念日に、台北、台中、高雄駅で、各500セット、計1500セットが限定発売となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存