【台湾 19日】 ハンクァン軍事演習に米国が助言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

米国はワシントンにて台湾の国防担当大使館員を通して、来るハンクァン軍事演習の計画に際し、台湾の軍隊助言を行うと語った。国防省職員によると、5年計画で米軍が台湾の軍隊に対し顧問的立場として指導を行い、共同作業を通じて演習の充実を図るというもの。この軍事演習に対して台湾は9478万台湾ドル(310万USドル)を拠出する。米軍の指導は2019年まで行われる予定で、「より高いレベルの協力を進めて、両国の軍事交流の範囲を深めるだろう。また台湾海峡における敵対行為に対して米国は台湾の防衛のために戦闘部隊の戦略的計画と実戦配備でアドバイスするだろう」とも語っている。また、「事実上、この協定が、米国-台湾の軍事の共同作業によって台湾海峡からの中国の軍事的脅威を思いとどまらせることにもなるだろう」とも述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存