【フィリピン 17日】 ケンテックス製造、非公認を雇用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

労働雇用省は、ケンテックス製造が労働雇用省の登録を受けていない下請けサービスを利用したと発表した。労働雇用省は、信頼できない下請けサービス会社を洗い出し、その数を18000から4975まで減らしたにもかかわらず、こうした悪徳下請け業者を利用する雇用者がまだいるとロザリンダバルドス労働長官は説明した。こうした不良業者によって、先のスリッパ工場火災も引き起こされたのだと憤慨した。
労働長官は「バレンズエラ市そのものが、こうした悪徳業者を斡旋している。そして労働党による指導違反でもある。よって、亡くなった労働者、被害を受けた労働者に対して、責任を取って頂く必要がある」とも語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存