【台湾 14日】 中国籍の違法操業会社100件以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

14日、国家安全保障局は、台湾の国家安全保障の立法上の問題を起こす可能性のある約20の中国の会社、または個人により違法に設立された100を超える事務所を摘発した。台湾と中国双方の代表によって、現在確認作業が行われているが、国家安全保障局は大陸委員会(中国)は台湾での会社設立や操業の際、正しいルールに従って行わなければならず、今回の事態には大いに責任が問われると語った。国家安全保障局はこうした違法な事務所開設に対して監視を継続しており、違法性を証明する用意はできているという。中国人によって投資された会社だけではなく、いくつかの中国のシンクタンクも許可証なしで台湾の事務所を開設しており、国家安全保障局はこれからもこうした不正を注視し、中国に正していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存