【台湾 17日】 ヒューストン市長が台湾を訪問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ヒューストン市長アニス・パーカー氏が、17日に台北を訪れ、台北柯文哲市長に会見し、ヒューストン·ロケッツで活躍するジェレミー・リンがサインしたバスケットボールを贈呈した。これは台北のエバー航空が、6月に台北とヒューストンを結ぶ直行便を就航させたことも含め、両都市の友好を記念して、多くの関係者を集めた歓迎会が開かれたが、その際パーカー市長は出席できなかったので、今回の来訪が企画されたもの。両市は1960年代から姉妹都市となっており、2010年に市長になったパーカー氏は、念願の台湾訪問を実現できたという。バスケットボール選手のジェレミー・リンは台湾では英雄的存在であり、台北市長は、このボールを市の宝として大切に保管すると語った。ジェレミー・リンは、来シーズンからシャーロット·ホーネッツ移籍することが今月発表されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存