【台湾 12日】 CTBCが台湾生命を買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

CTBCファイナンシャルホールディングスは、12日両社の合意によって台湾生命保険を買収、買収価格は323億台湾ドル(10億5000万USドル)と発表した。
これまで同買収問題は話題に上がり、近年では2013年10月にも両社役員(当時CTBC社名はチャイナトラスト)により承認され、2014年前半には合併となる予定だったが失敗に終わるなど、それぞれの思惑や方針の相違からここまで時間を要した。
12日に記者会見にて発表され注目されているのは、両者の株価。12日の台北での株式取引終了時の台湾生命の株価が30.4台湾ドルであったのに対し、CTBCは23.2台湾ドル。そしてCTBCが33.408台湾ドルで台湾生命を買ったとしている。
台湾生命は、今後CTBC生命となり、業務は順次移行するが元台湾生命の社員の解雇は考えていないという。この買収合併により、CTBC生命は、台湾で6番目の大手に繰り上がる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存