【フィリピン 12日】 レガスピ空港の一時閉鎖で2便が欠航

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

11日、レガスピ国際空港の一時的な走路閉鎖により、レガスピ発着の2つのフライトがキャンセルとなった。
フィリピンの民間航空局によると、11日に滑走路上に障害物が発見され、運航の障害となるため午前11時29分から午後5時30分まで一時的に走路が閉鎖された。
欠航便は、いずれもセブ太平洋航空の5J328便(レガスピ-マニラ)と、5J327(マニラ-レガスピ)の2便。
これを受け、セブ太平洋航空は、出発日(11日)から30日以内に再予約するか、返金をするよう欠航便の影響を受けた乗客に促した。
乗客は、セブ太平洋航空の予約ホットライン+(632)を702-0888に電話するか、セブ太平洋航空のチケットカウンターにて手続きをする必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存