【フィリピン 16日】 元上院議員が倫理訴状で2名を非難

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

元上院議員ルネ・サギサグ氏は、ライフパーティリストの代表リト・アティエンザ氏とABCパーティリストの代表ジョナサン・デラクルース氏を非難。これは元上院議員ルネ・サギサグが提案したバンサモロ法案にて、疑惑の「検察テロ」の対象となった2人の議員に対し、倫理訴状が提出されたもの。サギサグ氏は、反逆罪と起草に関与した政府とMILF(モロ・イスラム解放戦線)の和平交渉者などに対し、扇動を行ったとして、当事者であるリト・アティエンザ氏とジョナサン・デラクルース氏に対して正式な訴状を提出した。サギサグ氏は正式に2議員に対する正式な調査を開始するために、フェリシアーノ・ベルモンテ・ジュニア報道官と倫理委員会に訴状を提出したという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存