【フィリピン 7日】パッキャオが負けたのは、アキノ大統領のせい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

アキノ大統領は、2016年の大統領選を前に、各方面から政治的非難の声が現在盛んであるという。
これは、米国商工会議所のメンバーや米国-ASEANの様々な財界指導者を前に話したもの。現在、フィリピン人の430万家庭が政府の条件付きの失業保険プログラムで生活を支えることが出来ており、かつて腐敗して手のつけようがなかった政治家たちも、投獄またはそれなりの罪を背負って整理された。それでも何人かの評論家がアキノ大統領を批判しているが、それはパッキャオがメイウェザーに負けたのも大統領のせいにしているのと同じことだと大統領は笑い飛ばした。アキノ大統領は、フィリピンの英雄パッキャオを、この世紀の一戦が国民に勇気を与えてくれたとして称賛しているが、「今の私ならパッキャオより強い」と語り、周囲を笑わせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存