【フィリピン 15日】 最高裁に日米合同軍事演習の停止を求める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

15日、フィリピン教師グループは、国内に外国の軍隊に持ち込んでの共同軍事訓練は、上院が批准条約なしで許可することができないと主張。フィリピンと日本との共同訓練を停止するよう最高裁判所に申告した。裁量上訴と禁止のために提出された37ページの嘆願書では、フィリピンと日本との間での共同軍事演習の一時的禁止命令、または仮差止命令が含まれている。同グループは、今回の演習はフィリピン国憲法第25条、1987項の
記載XVIIIに基づいて違憲であると述べている。『防衛協力と交流に関する覚書』日比共同宣言:共有原則と地域とその先の平和、安全保障と成長の目標を前進させるための強化戦略的パートナーシップ。覚書や共同宣言の本質は、それらがフィリピンの領域における日本の軍隊の存在をもたらすことを考えると、これは許されるものではないとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存