【フィリピン 7日】アキノ大統領がシカゴへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フィリピンンのベニグノアキノ3世大統領は実務訪問のためにシカゴに到着した。様々な財界の指導者に会見するため、大統領はシカゴに滞在し、米国商工会議所と米国-東南アジア諸国連合(ASEAN)のメンバーも同行している。また、アキノ氏は表敬訪問のためにシカゴのラームエマニュエル市長にも謁見する予定だ。シカゴには13万9000人のフィリピン人が暮らしており、これはアメリカ中西部では最大級のコミュニティである。そのフィリピン人社会の著名人とも会談を行う予定で、その後、大統領は公式訪問のためのカナダに向かう予定。カナダでは、スティーブン・ハーパー首相とは、両国のいくつかの協定の調印を目指しており、作業協力、開発援助、およびインフラ開発において、両国の結びつきがさらに深まるものと見られている。大統領は5月9日にマニラに戻るまで、カナダでバンクーバー、オタワ、およびトロントを訪問する予定だ。
今回のカナダへのアキノ大統領の訪問は、前大統領のフィデル・ラモス氏が1997年にカナダで公式訪問をして以来、18年ぶりの訪問となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存