【フィリピン 14日】 ナンバープレートの製造業者を拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

交通次官ホセ・ロティーヤ氏は、新しいナンバープレートの製造をスピードアップするために地元の施設を新設する必要があると述べた。現在、新しい自動車のナンバープレートの製造には時間がかかっており、この長い待機期間を削減するには、陸運局としては、フィリピンに製造拠点を設置しなければならないと、交通機関の関係者は述べている。というのは、すべての自動車やオートバイ用の1520万ものプレートは現在、オランダで製造され、その後、フィリピンに輸送されるという長い製作、配送時間を要しているためであり、この解決にはフィリピン国内での製造が必至と言われている。 この事業が始まれば、国内での雇用が増え、生産スピードも格段に上昇し、また生産コストは下がることで望ましい状態が期待できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存