【フィリピン 14日】 ローマ教皇が2016年にマニラに特使を派遣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ローマ教皇フランシスコは、2016年1月にフィリピンで2番目に大きい都市であるセブ島に特別代表を派遣するという。これはフィリピンのカトリック司教会議のリンガエン・ダグパン大司教ソクラテス・ビジェガス師が、13日のインタビューで発表したもの。ビジェガス師によると、ローマ教皇は、2016年1月24日から31日まで行われるセブ市での第51回国際聖体大会に間に合うように派遣したいと述べている。教皇はすでに2015年1月15日から19日にフィリピンを訪問しているので、今回特別代表を派遣することは、妥当と思われる。フィリピン側も教皇自身の来訪を敢えて期待しないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存