【フィリピン 5日】 新人民軍の武器を押収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フィリピン政府軍と対立し、アメリカがテロ組織として指定するNPA(新人民軍)の武器が、ダバオ·デル·スルでの衝突の際に政府軍によって押収された。5日午後、第73歩兵大隊からの突撃部隊は、シティオブサオ、バランガイマングリバス、ホセアバドサントス町、ダバオ·デル·スルにてNPAと遭遇、これを制圧、排除し、M-16自動小銃や装弾などを押収した。東ミンダナオのスポークスマンのロミオブラウナー大佐は、衝突が午後12時30分に行われたと述べた。NPA側に死傷者は出た模様だが詳細は不明。衝突してすぐに撤退したが、政府軍はさらに捜索を続けている。なお政府軍突撃隊に死傷者は出ていないと報告されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存