【台湾 13日】 馬英九総統、ドミニカ子供たちに野球用品を寄贈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

12日、台湾の馬英九総統は、カリブ海の国への訪問中に、台湾を代表して、ドミニカ共和国の野球リーグの若い選手に野球用具を寄贈すると発表した。馬英九総統は野球ジャージをまとい、キャッチボールをしようと、地元の若い野球選手のグループに参加し、サントドミンゴの子供たちに歓迎された。また子供たちからは、先日のウォーターパークでの火災事故で5人が亡くなり、490人が負傷した事故に対して祈りが捧げられた。馬英九総統は、13日にドミニカのダニーロ・メディナ大統領とドミニカ共和国議会に出席する予定。馬総統は、現在、2008年に総統に就任後、初の11ヶ国の公式海外訪問の一環として、カリブ海と中米を訪問しており、この後ロサンゼルスを経由して、台湾へは18日に戻る予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存