【フィリピン 13日】 ディポログ市政府は地方公聴会事務所に逆らって、スバネンズの家を破壊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

社会福祉開発省のための建物が、バランガイ駅イサベル、ディポログ市、サンボアンガ·デル·ノルテで地域に建設される。このため、スバネンズという先住民族の住む小屋が、地方公聴会事務所の制止を振り切って13日、強制的に一部取り壊された。スバネンズは、これらの家や建物を破壊しないように市政府に陳情し、先住民族に関する国家委員会の地方公聴会事務所によって発行された取り壊し差し止め請求を示したが、一部が取り壊されたという。これにより住居を失って路頭に迷う家族が生じ、問題となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存