【フィリピン 27日】 5月9日を特別な非ワーキングホリデーとする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

アキノ大統領は、来る大統領選挙を対象として、5月9日を休日とすることを宣言1254号として発した。選挙日の2016年5月9日、月曜日は、特別な非ワーキングホリデーとなることが、マラカニアン宮殿から27日に発表された。宮殿報道官ヘルミニオ・コロマ・ジュニア長官は、アキノ大統領が宣言を通じて本年5月9日の休日を宣言したと声明で述べ、大統領は25日に宣言1254号として署名したという。宣言1254号を発行することでアキノ大統領は、2016年5月9日(月)が適切に参政権の権利を行使することが国民にとって可能となるために、特別な公共の(非稼働)休暇を宣言する必要があると述べた。5月9日に5400万人以上の有権者は、各地域ごとに設営された指定投票所を利用して投票することができる。2015年12月16日付けの選挙委員会(COMELEC)の最終報告書によると、2013年の中間選挙時の52,014,648人の登録有権者よりも多い54,363,329人の登録有権者が現在あるという。世論調査のデータに基づいて、選挙当日は全国に92509箇所の指定投票所が設けられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存