【台湾 22日】 裁判所は、台北の地下鉄での無差別ナイフ殺傷犯に死刑判決を踏襲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

22日、台湾の最高裁判所は、2014年5月に発生した台北メトロ電車の中での無差別ナイフ攻撃で4人が死亡し 22人を負傷させたた事件で、容疑者のチェンチー(鄭捷)に下級裁判所によって課された死刑判決を21日に支持した。チェンは、事件発生時は大学生で、 2015年3月に台北の地裁で死刑を言い渡されていた。台湾の法律の下では、死刑判決が課せされた例は、全て最高裁判所での最終判決を受けなければならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存