【台湾 22日】 台湾の文献が歴史ある建物に帰る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

22日、台湾の文献を保存する国立博物館は、今年100周年を記念し、旧日本植民地政府の建物内に戻った。これは、7つのメインストリートからなる巨大な回廊と、周辺に林立するランドマークの建物からなり、林デパートメントストアに代表されるような同じ時代の他のいくつかの歴史的建造物に囲まれている。博物館は正式に2003年11月に一般公開されており、15万点の書籍、原稿、写真、文献と約500人の台湾人作家による芸術コレクションを所蔵していた。観覧者の博物館を案内するために、オーディオガイドは中国語、英語、日本語、台湾で提供され、英語と中国語でのモバイルアプリは、GoogleのAndroidやAppleのiOSのシステムで提供されているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存