【台湾 21日】 新政権の台湾に向けた中国の政策の変化に対する対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

21日、台湾の新政府に国家発展評議会のヘッドと命名された陳添枝氏は、台湾に向けた中国の政策は、5月20日に新政府が就任した後は、台湾に大きな影響を与えるだろうと述べた。国立台湾大学の経済学学科教授である陳氏は、グローバルに展開する台湾企業がアジアでの拠点を獲得するための戦略フォーラムにて語った。台湾の企業は、主に台湾の将来についてその不確実性として、3大市場である米国、日本、中国を中心に、短期的な利益を追求する傾向があると、陳氏は指摘している。そしてほとんどの台湾企業は新政府が就任した後、台湾に向けた中国の政策の潜在的なリスクや有害な影響を防ぐことを考えていると述べた。しかし、台湾企業は日和見主義に頼らざるをえない形でその未来を予測することは危険であるとして、この状況は国際社会での強力な競争上の優位性を与え、現在および将来の市場ニーズに対応する能力を高めるための体力作りが求められていると語った。陳氏は、これまで行政院経済建設委員会を率いていたが、新政権の下で国家発展評議会と名称を変更した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存