【台湾 21日】 台湾人の10人に9人が死刑制度を支持

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

21日、台湾人の10人に9人は、公共の秩序を損ない、犯罪の抑止力の権限を奪うことになるいう理由で、死刑制度の廃止に反対するという世論調査が発表された。内閣の国家開発評議会の調査では、台湾人の87.9パーセントが、死刑が保持されるようにすることに賛成であり、4.8パーセントが反対し、7.3%は明確な立場を持っていなかった。声明で国家開発評議会は、公共の秩序の悪化懸念が、死刑が法律の基本であるという考えがあるものと思われるとした。そして国民は死刑が存在しない場合、潜在的な犯罪者への抑止力が失われると感じているとした。一方、死刑廃止を支持した人々は、死刑は効果的な抑止力ではあるが、人権侵害であると感じており、政府が生命を奪う権利はないと主張しているという。死刑と公共の秩序との関係ついての質問では、回答者の82パーセントは、死刑が犯罪をを阻止することができると述べており、10.9%が死刑の執行は公共の秩序を改善するための助けにはならないと述べている。また、死刑を仮釈放なしの終身刑に置き換えるべきかどうかの質問では、25.3パーセントがそれを支持しながら、68.7パーセントが反対ししている。調査対象3013人のうち、83.6パーセントは、彼らが連続殺人犯と子供を殺害人のための唯一の死刑を可能にする法改正の考えに同意したと述べ、10.3パーセントが反対している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存