【台湾 18日】 台北ではさらなる駐車料金発生か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最近、地元メディアの報道で、台北市政府は、無料駐車ができるビジネス地区で駐車料金を徴収すること検討しており、多くの論争を呼んでいる。台北市政府交通局は、4月17日に各市の代表者を収集し、問題を議論した。現時点では、台北市では96万台のオートバイがあると推定されており、そのうち、駐車スペースは18万台分しかない。この問題を解決するために、交通局では、毎年オートバイの駐車スペースの数を増やすことを計画している。しかし、多くの市で駐車料金を徴収するかどうかについて、慎重な計画が求められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存