【台湾 15日】 駐車違反に対して台北市を批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台北は、狭い通りで駐車する車を回避するために、去年から路地の両側に沿って赤い線を塗る作業を行っている。これに対して、市議会議員らは、柯文哲市長が収益を上げるための戦術に過ぎないとして批判している。これまでは、通りに沿って家の外に駐車ができたが、それが禁止された。昨年から3月末まで、台北は、通りに沿って70キロ以上の赤い線を追加し、罰金はNT 270ミリオンドルになった。また、昨年は、82万以上の駐車違反のチケットが切られ、台北の交通違反のうち駐車違反が1位になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存