【台湾 14日】 外国人漁師が食費と宿泊費の返済要求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

『我々が楽しむ魚介類は、多くの場合、外国人漁師の厳しい労働の産物だ』。船のデッキで就寝するなど労働条件に不満を持つ20人以上の外国人漁師が、労働省の外に集まり、食事と宿泊の俸給として一人当たりNT5000ドルの全額返済を要求した。外国人漁師たちは、約NT 16,000ドルの月給のうち、エージェントの手数料、品質の低さにもかかわらず食費と宿泊料でNT 5,000ドルを差し引かれている。これをうけて、労働省は、雇用者が予定外の監査で賃金や労働条件の改善を行っていない場合、外国人漁師の許可申請の制限を強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存