【台湾 13日】 台湾はケニヤによる国民の違法国外追放を訴える構え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

13日、デビッド・リン外務大臣はこの日の議会の外務・国防委員会のセッションに参加し、中国への国民の違法国外追放を行ったケニアに対して法的措置を取ったと述べた。議会の外交と国防委員会に書面による声明の中で、同省は8日以来、45人の台湾人のケニアによる国外追放に対し、強い抗議を申し出て、さらに国の法的措置を開始したと述べた。8日の最初の国外追放後にケニアに赴いた南アフリカの台湾駐在員事務所の所長によると、弁護士はケニアの内務大臣、警察の監察官と検事総長に対して訴訟を提出したという。ケニア警察は強制的に24時間以上にわたり台湾市民を拘留し、中国大使館の職員との協力によって不法に中国に送還するという、裁判所の差し止め命令を無視する行為をを行ったと主張。そして拘禁と強制送還は、台湾の市民の人権を侵害しているため、台湾はさらに調査するため、独立したポリシング監督当局に事件を転送してケニアの国家人権委員会に確認及び支援を求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存