【台湾 11日】 毎年恒例の春のハイテクフェアは女性消費者をターゲットに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

10日、コンピュータやハイテクガジェットを中心とした消費者を対象としたソフテックス台北2016(春季電脳展、4/14-18/2016)は、主催者によると、女性のための美容製品やガジェットに専用のエリアを設定しているのが特徴だという。ソフテックスに参加する合計125社は、エイサー社を含め、ASUSTek社コンピュータ社だけでなく、洗顔やパン製造機のメーカーも含まれると、台北市コンピュータ協会は述べた。美容製品や家電製品は、それぞれ女性のための技術のテーマが表示され、またソフトウェアや個人金融に関する講義なども含まれるという。ASUSTek社とBenQ社によると、タブレットおよびビデオストリーミングとダイエットのために設計されたスマートテレビドングルが表示される。モバイルショッピングやモバイル決済サービスはま、ヤフー台湾と台湾のマイフォンテレコムなどのオンライン小売業者によって表示され、決済ができるという。また、仮想現実(バーチャルリアリティ)と拡張現実感は、台北世界貿易センターホール1で、14-18日に集中展示される。身体活動と自己均衡電気自動車を監視するカメラ、ドローン、ウェアラブル機器などのアウトドア愛好家のための製品も多く参加するという。5日間のフェア開催中には、40万人以上が訪れると予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存