【フィリピン 11日】 デュテルテ氏が最新の調査でポー氏を抜く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ダバオ市のデュテルテ市長は、最新の意識調査でポー氏の23%を抜き、回答者の27%の支持を集め、初めてリードした形となった。この調査は、3月30日から4月2日までに行われた社会天気ステーション(SWS)の調査によるもので、大統領選に向けた支持率としてデュテルテ氏がトップとなった。ビジネスワールドに発表された調査結果によると、デュテルテ氏はライバルのグレース・ポー上院議員を4%リードして、回答者の27%の支持を得た。またビナイ副大統領は21%で3位となり、マニュエル・ロハス氏は18%で4位だった。なお、調査結果には+/−3%のサンプリングの誤差が考えられるので、ポー氏、ビナイ氏、ロハス氏は技術的に第2位に統合されるという。調査は1500人の回答者との対面インタビューを通じて行われ、そのうち92%が5月9日の大統領選挙の投票のために登録されると思われる。デュテルテ氏の支持は、前回の調査に比べて4%ポイント上昇したが、ポー氏は6%低下となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存