【台湾 6日】 台北の住民のためにテストされているゴミ収集機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

5日、環境技術会社は、ユーザーがEasyCardsまたはiPassesで払い戻しを支払うか、または得ることができる2つのゴミ収集機をテストしている。ハオヤン環境技術有限公司の劉涵宇副部長によると、ユーザーは、マシンにゴミを捨て、その後20秒以内に確認ボタンを押してEasyCardまたはiPassのをスワイプすると、マシンには控除重量と金額が表示されるという。またもう一つのマシンでは、ユーザーは8個のブリキ缶を入れることで、EasyCardsまたはiPassesで1台湾ドルの払い戻しを得ることができるという。これはリサイクルすることを市民に奨励する政府の政策の一環事業である。劉副部長は、特許を取得したゴミ収集機は冷却圧縮し、消臭機能も備えているという。市民は、もはや家庭廃棄物を保管するためにゴミ袋を購入する必要が無くなるだろうと語った。ハオヤン環境技術有限公司は8月に台北の信義区の5カ所でパイロットプロジェクトを開始する予定だと述べ、成功した場合、ゴミ収集機は随時他の地域でも設置していく予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存