【フィリピン 6日】 選挙宣伝に対する選管のルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2016年5月9日の選挙を目前に、フィリピン国内で実行されている候補者へ印刷物等の規則が発表されている。選挙委員会COMELECは、完全な警戒が候補者を監視し、キャンペーンで規定のルールに従うことことを監視するという。それらキャンペーンの材料としてカバーされているものは、以下の通り。
素材所定の寸法
パンフレット、チラシ、カード、デカール、ステッカー、またはその他の書面/印刷物は、幅8.5インチ、長さ14インチを超えないこと。
布、紙、または厚紙のポスターは3フィートX2フィートを超えないこと。
公共の集会での旗は8フィートX3フィートを超えないこと。
ラジオでは全国区候補者のために180分以上、地方区候補者のために90分以上の宣伝を行わないこと。
テレビでは全国区候補者のために120分以上、地方区候補者のために60分以上の宣伝を行わないこと。
新聞広告の最大サイズは、4分の1ページまで。
タブロイド紙の広告最大サイズは、2分の1ページまで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存