【フィリピン 5日】 ダバオ市議会はキダパワンに米援助の3150万ペソ支出を了解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

人道的な理由を前提としてダバオ市議会は、エルニーニョに見舞われた北コタバトへの米15,000袋を購入する3150万ペソの支出を承認した。通常会期中の5日に、300万ペソの支出が、地方政府の介入の一環として、ダバオ市の農民や漁民のために割り当てられた。食糧援助は、フィリピンの全国赤十字を通じて配布されるが、選挙委員会の了解が求められる。そして1日の北コタバトでキダパワン市の農民による支援を求める抗議行動では、少なくとも農民一人が亡くなっており、13人が負傷している。警察は、約3,000人の抗議者はダバオ-コタバト州高速道路の周辺が干ばつの影響をきっかけに、政府の支援を求めて30日から抗議活動を始めたが、警察は1日の朝、抗議グループを解散させたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存